脱!モラルハラスメント母

母を捨てないと明るい未来はない
〜モラハラ母により縛られた人生からの旅立ちを〜
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    家畜として育てられて
    0
      JUGEMテーマ:モラルハラスメント

      休日ともなると、あちこちで小さい子を抱えた若夫婦とかに遭遇する事はよくあること。
      ま、それはそれでいいんだけど。

      これまで、10歳くらいから

      母:あんたが結婚したら〜、お母さんはおとなしくしとくからな!

      と、意味不明な脅迫から。

      20代にもなると

      母:あんたも24歳くらいになったら結婚して、26歳くらいには子供ができて〜
      二人か3人くらい子供できるやろう。
      と、勝手に妄想。

      そこには確実に同居っていうシナリオが組まれていたのと、
      小学生の頃から結婚しろ、って言われてきたので、結婚する気なんてなかったり。

      そして、
      30代にもなると

      母:結婚しぃや!

      あんた、私がおるから、結婚せんのやろ?

      あんたは父の姿を見てないから、こわいんやろ?父親になるのが!

      はよ結婚せな、子種が死んでまうんやで!

      他の人はもう、とうに結婚して子育て始めてはるのに、あんたは出遅れててる!!!!


      など。人生設計は母が決めるものではないのに、勝手に。決めつけて怒っていた。

      30代は、色々、余裕ができたので家族孝行をしていたにもかかわらず、これだった。
      帰省の度、友達に会い、帰宅すると

      母:○○くんとかは、もう結婚してはるんやろ?!

      と、結婚してても、してなくても、母には関係ないんだけど。
      ○○くんが所帯持ちでない場合は、ふ〜ん。で終わるところ。
      ○○くんが所帯持ちであった場合は、憤慨する母であった。
      その背景には、自分の思い通りに生きてない事への憤りと、他者への敗北感を感じていたんだろうと思う。

      ・・・思えば、高校生や大学生になると、友人の出身校と俺の学校の偏差値を比べては。
      勝ったら>優しい母
      負けたら>怒る母

      であった。小学生の頃だと、これは、文字のきれいさ、が基準だったなw

      話し戻して、
      いや、だから、子供の頃から言ってるけど、
      結婚もしないし、子供もいらないし。もはや絶やすべき家系だし。
      自分にとって結婚は幸せではないから。と、言ってきたんだけど。

      母:変な子!!!!!
      と罵倒する感じで。帰省終了日にも、必ず結婚しろ、って言ってくる始末。

      この頃になると、妹の母への暴力もあったりで。母がかわいそうな気配が濃厚になると。

      母:他の皆は、みーんな孫がいる世代やのに、私は男女産み分けたのに
      あんたらは、結婚もせん!子供ももたへん!皆は孫がいるのに、私にはいない!!


      と泣き怒り。

      あんたらは、私の夢をぜーーーーんぶ!壊してまいよったんやで!!!!

      あんたら、なんか生まへんかったらよかったわ!

      (これについては、兄妹そろって、こっちだって生まれてこなければよかったわ。と。妹はよく、それを言い返して、母娘共に傷つけあってた)

      と絶叫していたな。

      そして、40代。
      病院から妹から留守電を入れさせてまで、お兄ちゃんに結婚せぇ言え!!と命令していた母であった。


      と。まぁどこの家でも親世代の望みといっちゃ、そうなんだけど。
      望みや願望であり、人生の選択は母がするものではない。
      ましてや、他のだれだれが持ってるのに、私はもってない!って憤慨する稚拙さ。

      我が子の幸せを願わない母。がここにいた。のである。

      さんざん、罵倒と脅迫と洗脳をしてきて、操り人形のように平気で言ってきやがって。
      そう、自分は道具なんだな、とは思っていたのだけど、それ以下。

      家畜同様の存在であった。

      餌を与えるように、正月は数の子を食え!と食わされて。
      余談だけど、磯臭さが嫌いなのと、その由縁が嫌いで、食べないと。。。。憤慨され。
      同じように貝類も嫌いなので食べないと、

      母:あんたは、死んだあんたのお父さんと一緒やな!!!
      あの人も貝、よぉ食べれんかったわ!!!
      高かったんやから、食べっ!


      憤慨と命令に嫌気がさして、食事まるごと食べなかったなw
      そんなこんなで、いまだに、気分が落ちてるときって、飯くえないんだよなー。
      ま、いいけど。


      さらに、操作術がうまい母は、親族をまきこんで、自分の意を遂行させようとするので、
      叔父や叔母からも、うんざりするほど、同じ話をされ。

      ・母のための人生
      としての道具でしかない自分の人生だった。子供の頃は親族だけじゃなくて
      学校の先生まで、そうだったな。


      結論:結婚しても別に親に報告はしないし。って答えてびっくりされてw
      親族なんて、自分たちの暇つぶしの楽しみのために、結婚しろっていうくらいだからなw
      真相は、母を喜ばせろっていう意が含まれてて、あけすけすぎて、アホすぎて話しにならんな。

      なもんで、親族も切り捨てるはめとなり。
      味方してくれる大人なんて、小さいころからも今も、誰もいないw

      その分、自分が大人になること。
      大人の友達を見つけたこと。嬉しいね。当時は皆子供や若かったけど。
      今では、自分も友人も年齢性別関係なく、大人になってるので話がわかる人がいてくれるというありがたさ。


      さて、
      今年も、もう2月になりましたね。
      意味不明に思い出される事柄も、時間が経過すると忘れる事ができるもの。。

      。。。。と、言われつつも。それが遠いような気がして。。。。
      とりあえず、今を大事にしようと心がけてます。

      春が近づいてきましたね。
      新鮮な気持ちが沸き起こる。今を生きる、こと。
      なにより、今はもう、昔と違う。実家から脱出できた事をかみしめて。
      何年かかけて準備して、家を出た事は素晴らしい。よくやった!自分wと思う。

      呼ぶHappinessを。Call My Luck♪

       
      | 母の言動行動記録 | 12:34 | comments(4) | - | ↑PAGE TOP
      呪いの年賀状 2015.01.01
      0
        普通は、離れてくらしてたら親子でも年賀状って、、、
        送ってくるもんなの???か。

        他の家庭でも、それは普通にみられるところから。
        ま、仕方ないとして。

        返事って書いてます????

        僕は、今まで一度も返事は書いたことはない。
        これまでは、まぁ、結局電話しなきゃいけないような話をもってこられて
        電話してたから、もうええか、と。

        さて、2014年には「縁切り」を言ってきたので、
        こちらもそれを貫徹してるわけなんだけど。

        とはいえ、年賀状くらい、生きてるよっていう意味で返事だしてもいいかな。
        と、葛藤してた年始。。。。。。。

        しかし、その甘さがいつもの、、、、後悔につながる懺悔に。
        なるのも、見えてたので、やっぱり、返事は出さない事に決めた。

        年賀状においても相変わらず命令系wの言葉が書かれていて。

        母:健康に注意して生活しなさい

        でした。
        なんなん?????

        それが親というものだから、としても。
        既に受け入れ態勢ないのだから、いいかげん、なんか言い方変えれば?って思うんだけど。

        母は自分は悪くない、と思っていて
        自己愛の塊だから、変える事も変わる事もない、な。今後も。
        まぁ、そんな期待はするだけ無駄なので。

        音信不通。がすべて。
        罪悪感も消去。これでいい。それでいい。
        | 母の言動行動記録 | 20:57 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
        呪いの手紙 2014.12.28
        0

          母:今年も残り少なくなりました。元気に生きていますか?
          便りが少しもないですが。

          ○○ちゃん(妹)と私は仲良くおしゃべりしたりして日々二人して
          ボケて笑って生きています。心配なく。

          31日午前中におせち届くようにと思っております。

          都合が良いか、悪いか、外国旅行行くか、お知らせください。



          と。往復はがきで呪いが届いていた。

          以前にも、この手の「往復はがき作戦」は遂行されたことがあったんだけど。

          用意周到に道を狭められて選択を迫られてる感じが気持ち悪い。
          しかも、NO、という選択をすると。なんでやねん?!母の気持ちや!と激怒。

          正月くらい実家に帰るもんやで!とも。

          。。。。。ま、そんな経緯から、YESというしかない道ではあったのだが、
          昨年度までは、仕方なく。ってところだったけど。

          今年度のこの人(母)のしてきた行動言動から、そんなもの受け入れる気持ちがない。
          そもぞも、妹が退院したら絶縁の話をしてきたのはこの人からだったのに。

          何言ってんの?

          母としては、ポストに投函するだけや!宛名も私が全部書いてやってるのに!!!って気分だろう。
          実際、昔、そう言ってたし。

          甲斐甲斐しく母親業をしたい、気持ちはかわいそうではあるが、今回もスルー。
          かわいそうと思ってはいけない。

          かわいそうな事をしないと、これが毎度続いてきたわけだし。

          なんせ、本人は、悪意なく善意そのものを。まとって操作しようとする気が満々だから、
          悪気がないから、善意行動。ていう倫理でもないのに。まったく。はぁ???って感じ。

          親にとってかわいそうな事であっても、それを実行していかないと、モラハラ母の暴挙は止まるポイントさえ
          すり替えに心によって、避けられてる理由をはぐらかしているという愚行。

          母娘が仲良く暮らせてるなら、それでいいじゃん。暇つぶしにコントロールしようとするな。
          あんたが自分でしでかしたとち狂った行動の責任はどこへ?
          俺への嫌がらせを散々してきた春夏。それで、おせちを送りたいから連絡よこせ。だと。

          もちろん、返信もしないし、受け取らない。受け取り拒否にするつもりだけど。
          まさかのやっぱりの

          野菜テロ攻撃に続き、お節テロ攻撃にするつもりだろう。
          文字にイライラしてる呪いがかけられてるかのように、いつもより乱筆気味。

          それとなく〜回避とか。仕方なく〜受け入れとか。では、済まないのがモラルハラスメント母。
          こっちのそんな寛容な気分を害した言動行動が続くし、

          キッパリ言ったところで、水掛け論。何度となくしてきた水掛け論。
          それでも、ギリギリ親子関係をやってきたけど、こういう一つ一つのこれまでの生ぬるい事は効果がなかったと実感した今年。

          「物が届くと、お礼の連絡がくる。ついでに、毒を浴びせよう。娘の親族の近所のあんな愚痴やこんな愚痴を」
          と電話で話す。もしくは、送りものの中に、呪いの手紙が書かれていたり。など。など。など。


          返信用に、こういう行動をとる意味が分かりません。既に縁がきれてるのだから。
          と、書いて送りたい気持ちも山々。

          YesでもNoでも、どちらでもないわ。
          頼んでない事を勝手にしてくる行為が腹立たしいが、忘却する。

          私の心の中には、もう母はいない。
           
          | 母の言動行動記録 | 21:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
          呪いの手紙 2014.12.20
          0

            そんなわけで、11月分も欠かさず発刊された呪いシリーズ。
            12月ももちろん。まぁ、昔、電話で延々ど4時間毒を浴びるのよりかは、マシ。

            とはいえ、何か勘違いしてる!思い違いしてる!と言ってきたその言葉をそっくり
            返したい内容。

            母:拝啓、12月に入り寒い時が多くなりましたが、その後元気で生活していますか。
            風邪ひいてませんか。
            みかん、レモンを輪切りにして砂糖をつけ冷凍室にいれて食べるとイイよ。

            24時には風呂に入り寝る生活習慣が大切です。

            大根と白菜が上手に出来たよ。在宅日知らして下さい。送るから。

            ○○ちゃん(妹)は、反省して大人になりました。心配なく、仲良く元気に生活している。
            兄ちゃんと母に取り返しのつかない事したと○○ちゃんは言っていますヨ。

            許してやって。
            薬も飲み、規則正しい生活していますから。
            年末の折、健康に注意し生活されたし。



            んー。
            まぁ、ごく普通の母としての友人とかが、序盤は普通だよ、母ってそういうもんよ。
            で、許せる部が、元気ですか。あたりだよな。
            個人的には、これでさえ、実はそうでないのを期待して手ぐすねひいて母が出る幕を虎視眈々と、って感じ。

            食に関しても、まぁ、今更、こういう事言われなくても。

            食べたかったら、食べるので。いちいち、言わなくていいし、言われるとそれは余計、食したくない。
            スイカのトラウマみたいなもんやわ。wこれに関しても後日w書こうと思ってる話ですが。
            そんなことより。

            野菜出来たから、受け取れる日を教えなさい。っていうのが。要らない。
            受け取り拒否で、送り返したのは、どう思ってるのやら?

            そして、妹が反省しています。ってとこからの歪み。
            これは絶対、ウソ。間違いなくウソ。捏造して、さも自分が仲裁係みたいな。話しのでっちあげ。
            仮に、本当だったとしても、反省してるならしてるで由。だし、
            許してやって、だと?!はぁ?おまえがやろ。っていう、、、モラハラ母ならではの

            自分は悪くない。すり替え心。

            妹は被害者だから、許すもなにも。むしろ、そうさせたあげく、
            こちらへの嫌がらせ、社会的機関を巻き込んで、卑怯で卑劣な行動をした母が元凶なのに。
            何言うてんじゃ、ぼけ。っとイライラMAX.

            自分の行動言動の責任もとらず、人に嫌がらせしておいて、善人ぶるっていうキモさよ。

            言いたくなる言葉を、伝えると、いつもの繰り返しになるので、
            ムカツキながらも、正しい行動とは!???

            スルー。。。よね。って感じで。

            今月も医者に相談してみたけどね。まぁ、おれがスルーって決めたなら、それでいいと思うって感じかな。
            誰もが、そこで、また、返事連絡なんてしたら、まーた、いつもの

            私は悪くない、○○が。とか、あんたが。ってなるし。


            都合よく宛にされ、都合悪いと罵倒と嫌がらせをしてくる。この繰り返しがまた続く。
            そういう甘えをアテにするから、母も妹もやりたい放題だったのを、ここで兄がひくことにより、
            まぁ、まだ、この二人が二人で暮らしていく協定をするしかないでしょ。

            俺は母の父でもなければ、妹の父でもないので。

            絶縁の手紙や、口撃。してきておいて、よく言えるわ。
            他人なら笑えるんだけどね。これ。まったくもって、、、怒りと嘆きと陰に支配されそうで。

            だからこそ、スルーなんやわ。
            絶対に。って思った。
            | 母の言動行動記録 | 00:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
            呪いの手紙 2014.12.4
            0

              11月末にはこなかったので、とうとう諦めたかと、ホッとするはずもなくw

              12月になり、ハガキが届いていた。

              書かれてた内容は、いつもと同じだったと思う。
              母:12時には寝なさいとか、自由に生きなさいとか、結婚しなさいとか。

              子供扱いっていうより、「命令」を聞けっていう悪意。

              また、妹が○○病院になりました。って。それも、先月書いていたから。はぁ?だから?

              色々ご心配ご迷惑をおかけしました。

              って詫びいれるなら、ちゃんと詫びいれろよ。その気持ちこもってない、言葉が偽善であり。
              全然、謝っていない。

              とかだったと思う。って。
              今回。失くしたのw その呪いの手紙。

              なんか、失くすとウキウキするよ。読んで重たくなって。ってパターンだったけど。
              読まなくてもいいかな、とか労力使うより、

              読んで、捨てるか失くすか、がベスト!だよなぁ。
              | 母の言動行動記録 | 00:58 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
              代理ミュンヒハウゼン症候群の母である
              0

                ある時から、んー、そうだなぁ。いつだろう。もう、小学校高学年くらいからは、母の異常さは感じていたんだけど。
                如実には具体化したのは、妹が統合失調症を併発した14年前くらいか。

                その後の母の行動が。 
                いかにも娘を思って病院を奔走し、色々説明会にも行き、発言し、正義者かつ、娘を思う愛情深いお母さん。。。。
                てな、感じで奮起と行動力と憤り(はこっちにむけられるんだけど)だった。

                実情は、国政や市政の批判であったり、

                母:親亡き後のこの子らの将来が(涙)涙、、、、と。誰しにも訴えておった。

                が。実情。家では娘を支配するごとく。あれしこ、これしろ。あれはあかん(やってもないのに)、これはあかん。
                等々。口うるさい。これが正しい話ならともかく。

                また、お金の問題。学費という脅迫を何年も妹もしてこられてたし、ともに家にいると「働きに行け」と精神圧迫をうけていた。

                というのも、離れてくらしていても、娘の悪口をさんさん、俺にしてきてたから母の本心はよめてた。

                母:表向き:時間がかかっても仕方ない。あの子がヤル気だすまでは〜
                  元気だと、デイケア経由のちょっとした時間のアルバイトなんかあるで〜。って誘い水。。。。
                  (行きたくなくても、母の推進って、「行け、やれ」って指示に等しい。
                  行かないと伝えると、そのあとは、嫌味と文句と、いいふらしを毎日毎日きかされるはめになる。
                  いやいやでも、行くという。
                  でも、続かない。もともとヤル気だしていくわけじゃないし。応用きかないから、それ求められる労働になると。
                  落ち込む。行かなくなる。辞める。。。。ていうパターン。


                母は励ましてるつもり、と自称。
                 ではあるが、けっこうわかったこといって、自分の言うとおりに動く娘を喜び。その報告がこちらにきたりしてたが。
                 そのうち、、、、、行かなくなる。落ち込んだうえに精神圧迫の毎日開始。で、外では母一人で子煩悩は善人アピール。
                 
                結局、世間にみせる自身の姿が大事で、そのための素材道具。が、子供。
                ある日、母がショックを受けたという言葉に

                母:○○ちゃんがな!あたしに、「私はお母さんの奴隷じゃない!!!!」て言ってきて。
                  なにいうてんねん、あたしがあんたどれだけの愛情そそいでると思ってんの!って怒り飛ばしてやった。
                  と、????応答ズレてるわ、怒り飛ばしてやった?はぁ?っていう余計悪くなる行動をしていてね


                で、2,3年前に。あなたは娘にいいことしてるつもりなのは、自身のためであって。
                全行動は、娘に身になって考えてない、気持ちをわかってないから、逆効果なんだよ。
                そういう〜しなければならない、っていう定義を統合失調症の人に押し付けてはダメなんだよ。
                そういうのを代理ミュンヒハウゼン病っていって、自分で子供をダメにしては、子供保護に奔走してるお母さんってのを演じてる病気だから、やめなさい。と、注意したところ。

                母:ハンセン病の人がこないだ旅行の時におってな。
                  あたし近寄れへんかってん。なんか物売ってはったんやけど。他の人には言われんかったけどや、
                  ああいう人のニキにはよらんほうがええで!あんたも、きつけや!


                って・・・・・答えもおかしいし、ハンセン病は感染しないし、昔のその間違った情報がってニュースでもなってたのに。       ちょっとなんて失礼な事を言ってんの、この人。よく知りもしないで、思い込みで風評するから、よけい。。。あぁ、すみません、うちの親最悪や。

                という始末で、問題定義>原因>解決も説明しても。
                スルー。勘違いのふりして別の話こじ入れて、「私は悪くない」と暗黙ですり替える。

                ま、このパターン多いんだけどね。モラハラ母って。

                昨年からの事件騒動も。さんざん。娘から肉体的DV受けていて、我慢ならんから入院させて、暇になったから退院させて。
                そんで、また手元に戻すと、生活の侵略と心の侵略。ダブルバインドでの支配をどんどんの精神的DVをする。
                我慢ならないのは妹で、これがまた、肉体的暴挙に出る。という1年おきのパターン。

                必死に娘を思う母として、講演会にも出席、発言(自慢げに話してきたわ)、あの子らの将来を。。。と。涙しながら。

                ・・・・いつも思い込みの観念をおしつけて、追い込んでるのは母自身なのに。・・・・

                あきらかに、掲題のような人。はむかう者は口撃で説き伏せる。

                前の前の病院で「お母さんが亡くなられたら、娘さんは元気になられると思います」
                んだな。って納得の言葉だったんだけど、、、

                母:憤慨。あたしが死んでからじゃ遅い!生きてるうちに治してやらな!何かんがえとんねん!あの病院の先生は!

                と、こちらにあたってきた2年前。でも、他の病院でもそういわれた事はあるんだよ。
                つまり、認めてないけど、家庭不協和音による原因なんだろうな。と。先生たちは。
                そこに目を向けないのは母。自分が善人と褒めたたえられるはずなのに、嫌な事を言ってくる人がいるなんて!
                その激怒りの電話って、かかってきたら3−4時間は同じ話をヒステリックに聞かされてたんだよねぇ。電話で。
                ま、愚痴なんだろうけど。愚痴きいてもらって〜っていうニュアンスじゃなくて、なぜか。

                社会の事をあたしがあんたに、聞かせてやってるんやで!

                って風情なんだわ。
                 
                | 母の言動行動記録 | 01:08 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
                わざわざ送ってくる物”塒廚癖を送りつけて、必要な物を壊す
                0

                  送られて困る物なんですけどね。ちょうどお話しにも出てきたので、多々ある中から今日は1つ。

                  当時、
                  東京出てきてすぐかな。親戚宅に居候時だったころ。
                  居候にしろ、一人暮らしにしろ、スペースがないのは当然。

                  また、家から出る前に、事前に必要な物、と不要な物。家に置いておく物など。

                  要る物だけを箱詰めにしてきたんですが。
                  1か月もしないうちに、、、、、段ボール箱が3箱。届き。

                  ???

                  せっかく無駄を省き、シンプルに要るものだけを選んで、持ってきたというのに。
                  不要な服の段ボールが3箱。。。。根こそぎ全部の服や靴。
                  当時は、まだ、帰省する機会が今よりも、頑張って作っていたので、
                  実家に自分の服がない。という始末だった。
                  こんなことなら、全部捨てれば良かったと後悔。

                  送り主は母。
                  つーか、要らない物をなんでわざわざ送ってきたのか?と言うと。

                  母「貧乏やから、ないよりはマシやろ?あんたの服いっぱいあったから、
                  新しいの買うより、あるもん使ったらええやん。」


                  て。17年前くらいか。悪びれもせず。
                  答えになってない返し。

                  そういう事じゃないし。
                  今思えば、もってきたのは「自分で買った服」
                  母が送ってきたのは「母が買ってくれた服」で。

                  そもそも、自由に服が買えるようになったのは大学生から。
                  なので、当時は少数なりとも、必要な物だけでスペースがあったのに、
                  ここから、不要な物送り付けてくるのは開始だった。

                  そして、いらん物送ってこんでええのに。って放った言葉の
                  恨みを2,3年毎度言われてたな。

                  モラハラ母は自分の気持ちを最大優先。

                  良いことしてるっていう自分の気持ちや行動を、立証するため。
                  こちらの都合や配分、気持ちなんて除外しての。
                  | 母の言動行動記録 | 19:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
                  呪いの手紙 2014.10.29
                  0
                    月に一度、来てる今日この頃の呪いの文書。
                    遠隔操作したくてたまらない、支配欲むき出しの感情論が書かれていてゲンナリ、ゲッソリ。
                    モラハラ母。毒母ならでは。


                    母:秋になり、木の葉も色づいて過ごしやすいこの頃になりました。

                    元気で生きていますか。

                    電話も通じなくなり、送り物しても返品で帰り安じています。

                    野菜作りも食べてくれないので楽しくないです。

                    ○○ちゃん(妹)と二人でベランダ、二階の部屋の天井、塗装をしていてきれいになったヨ。
                    ○○ちゃんはブチハアと怒らなくなったヨ。○○病院(夏に無理やり退院させた後の病院)のセカンドオピニオンも3か月が過ぎたので、○○病院のみになりました。
                    心配かけたけど安心して下さい。

                    心おきなく東京で自分の人生を生き、結婚して次の人生を生きなさい。

                    母も老いに向かい、自分の時間を作ります。お知らせまで。






                    1:電話も通じなくなり。
                    携帯を妹に持たせたんだけど、いつの間にか、母が所有。もちろん、電話代は俺持ち。
                    あれだけ嫌がらせの電話代、いつもの7倍から8倍の金額の今春。心身共に支障をきたしてきてまで、そんなための電話代を払うのが
                    ばかばかしくなり、解約したので、そりゃ通じないし。通じたければ家電から電話すれば?

                    2:送り物しても返品
                    そんなこんなで、母自身が「あんたなんかもう知らんわ。○○ちゃんの事終わったら、絶縁や!」
                    と言っていたのに、送りもの。あれだけの嫌がらせをしてくるような人からの送りものなんてもう不要。なので受け取り拒否で返品。

                    おそらく、いつもの。○○が○○で〜っていう現実事実を受止めない癖から

                    あんたが不在だから、野菜が返品された。と思ってるに違いない。
                    自分に都合よいように事実を捻じ曲げる癖。モラハラ母特融の。

                    3:自分の人生を生きよ、結婚しなさい
                    毎度毎度、自由に生きよ、と言う割に、人の人生を決めたがる癖。
                    毎度ながら自分が家畜として育てられたんだなぁ、と実感する。

                    その裏には母の陰謀があるんだけど。ま、それは別途かきます。
                    何が幸せたるかは、母が決める事じゃないんだけど、何度言っても、スルーだったなぁ。
                    こういう事をいまだに言ってくる時点で、何もわかっていないし、改善もない。ま、モラハラ母が自己改善するってのは、不可能な事だけど。
                    こういう母と共に暮らす道を選ばざるを得なかった妹が不憫で仕方ない。

                    4:私はこうこうで、ああで、こうこうで〜
                    なに?どうしたの?と誘発したい〆台詞。いつもそう。
                    あ、っそう。ふ〜んな内容。別に不要な情報をなぜに、送りつけてくるのか。


                    すべては、遠隔操作したい。子の幸せより、自分の支配欲を満足させたいっていう。
                    そもそも、あれほどの嫌がらせをやってきておいて、しゃーしゃーと平気でこんな事をしてきてるのがむかつく。
                    好い事してる、って欺瞞に乗せて、まるで自分が善人のようなふるまいの無神経さ。

                    モラハラ母は無神経。自己愛性人格障害から、思うようにいかないと、境界線人格障害があらわれ
                    ヒステリーで精神的に攻撃してくる。その異常さが半端ない。から家族は病む。っていう構図。

                    モラルがない。からモラハラ母。
                    最低限の常識と、距離感、親子でもこえてはいけない境界線を平気で乗り越えて、自分が!自分が!支配してないと気が済まない!

                    さらに、その通りにいかないと、何十年も何十年も嫌味かヒステリーを浴びせてくる。

                    もちろん、こちらの思いやりや、送りもの、お金の工面なんてスルーもしくは、文句言う。
                    で、自分だけが正しく、正義で、他者否定だったなぁ。

                    こういう遠隔操作支配したい呪いをかけてくるたび、心は戻る事ないんだけど、
                    まぁ、嫌悪感バリバリになったぶん、やはり縮めようと思わない決心がゆらがないから、これはこれでいいのかな、と。

                    今日思ったw
                    もちろん、ないにこしたことはないんだけど。
                     
                    | 母の言動行動記録 | 02:31 | comments(3) | - | ↑PAGE TOP
                    呪いの手紙 2014.09.26
                    0

                      先週。ちょうど妹を無理やり退院させた母から、手紙が届いた。
                      親子の縁をきるわ!あんたなんか、もう知らんわ!とさんざん悪態と、嫌がらせをしてきておいて。
                      書かれている内容が。。。。

                      母:残暑お見舞い申し上げます。
                        その後、元気で過ごしてますか?
                        私も○○ちゃん(妹)も、元気に生きてます。(2か月が過ぎました)

                        トマト送っても返品でした。

                        東京で元気に楽しく生きてください。
                        
                        暇なとき、帰って来てください。母より。




                      ?????????????????????????????????????????
                      はぁ?????

                      退院後2か月無事に暮らせてますよ!っていう勝利宣言なのか。
                      いや、そろそろ、娘との平和な暮らしに飽きてきた頃かなぁ。と。推測する季節。
                      謝罪の一文でも入れれば?って感じだけど。

                      なんでもないように、返品でした。と嫌味をいれておくあたりのいやらしさ。
                      意図的に返品したのだから、そりゃ返品でしょう。わざわざ書く必要あるか?
                      あえての、罪悪感植え付け作戦だろうけど。もう、要らない。受け取らない。
                      受け取るから、繰り返す。罪悪感をもつなら、断ち切る自分でいなければ、善に進まない。
                      と実行したまでなので、なにも罪悪感をもつことはない。

                      いつも善意ある母の言葉なのよっていう、嘘くさい元気で楽しく生きよ。っていう指令。
                      実は、本心は反対なんだよなぁ。不幸ごとを願ってて、大阪に帰らせるように手ぐすねひいて待ってる。っていうのが本心。


                      精神的に追い詰めるような嫌がらせしてくるような人からの、贈り物なんて要らない。

                      一番、不思議なのは。
                      最後の文。暇な時、帰って来てください。

                      なんで?wなにしに?

                      自分の言動行動に責任をもたないモラハラ母ならではの、なにげない言葉。
                      なにげないんだけど、矛盾。親子の縁きるんでしょ?

                      平和に飽きてきたから、そろそろ、不幸ネタをもって、わめきちらす相手が欲しい。
                      ってとこだろう。

                      あのさー。あんたさー、俺に何したかわかってんの?って言いたいところだが。
                      反応すると、ああだこうだと言い訳と、また、その繰り返しのスパイラルにはまるので。

                      これまでの一貫した姿勢で対応が一番だな。
                      無反応。一番打撃が強く、自身も傷つかない。無駄な時間も労力もいらずで、応戦できる。

                       
                      | 母の言動行動記録 | 00:01 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
                      母からの呪いの手紙 2014.08.11
                      0
                        話の途中ですが。。。なにやら、またおかしなのが送られてきてて。

                        はぁ?? ??? とにかく。内容がおかしい。いや、いつもどおりオカシイ上に、自分の言葉に責任をもってないあたりのむかつきと。いまだに支配しようとする書きように腹が立つ。

                        暑中お見舞い申し上げます  元気で働いていますか?○○ちゃんも元気よ。薬も一日4錠、落ち着いて生活してるヨ。    規則正しい生活をする様に。  しっかり3食、食べて、寝ること。  正々堂々と生きなさい。  自宅に帰り生活するように。  夏風邪ひかないように。」と。あって。

                        普通の人なら、普通に感じるかもしれないけど。  モラハラならではの、遠隔操作してないと気がすまない。って感じだな。   


                        妹の様子前編〜俺への指令命令系が後編でしめられてるあたり。  妹・前座。  
                        よそは、お盆にみんな帰省してるのに、うちには・・・・ていう悔しさからだろう。

                        息子を思い通りにしたいため、自分の規則を押しはめようと。

                        ま、いつも無視なんだけどね。

                        だいたい、どこで暮らして寝ようがw どうこういわれる筋合いがまったくないわ。  

                        堂々と生きよとか、意味不明?とりあえず、善なる言葉並べた偽善母。  

                        書くことなくて、無理やり書くくらいなら、書かなきゃいーのに。

                        って、いって、なにか揺さぶりと、返事か返信を期待しているんだろうけど。

                        妹が元気にいるとかってのも、母の中では、前座のおもちゃ扱いで餌。  

                        子が鳥かごから、出ていってしまわぬように、毒をもって、逃げた鳥を取り戻したい。  

                        そして、私が知ってる世界だけで、生きさせたい。    

                        ひょんなとこに出るんだよね。

                        うちは子に自由なんてあたえません。私が決めたことだけやってれば良い子供たち。が、当たり前。

                        それなのに!常識しらずがぁ! っていう始末なので。

                        だいたい、絶縁で、なんで手紙送ってきてんねん? 毎度毎度、自分勝手な手紙をいれて、「遠方の息子に手紙をいれるお母さん」母性愛の塊アピールを、自称。他人に自慢して、愛情深い人間アピールなんだけど。

                        あれだけ嫌がらせしてきて、よく言えるわ。

                        他人の目はいると、俄然「いい人間」アピールと動きをとって 「褒め称えられたい」っていう欲求も満たしたい。 でも、そういう禍々しい偽善をやるから、どこもうまくしてくれない。変なのばっかり、応援団につけて、説得もなにも役不足な連中ばかりを、また、そいつらもアホで。まんまと母に騙されて。 母を応援♪ ○○さん、がんばりやー。とか、応援してるでー。って、言われるのを期待。 そして、それう嬉しそうに誇らしげに言って来る母。だがしかし、、、、、ちゃんんちゃら話にならへん! では、また、明日!
                        | 母の言動行動記録 | 00:55 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP