脱!モラルハラスメント母

母を捨てないと明るい未来はない
〜モラハラ母により縛られた人生からの旅立ちを〜
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< この意を決したわけ〜4:暴走する母:後編6ラスト | main | 社会も気づき始めたモラハラ母 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    モラルハラスメントな母とは
    0

      今回、具体的にその箇所を書くわけではありません。
      既に、この悩みの人には、その境界線っていうのは、ギリギリとした戦いから、嫌悪感から、越えているはずだから。

      カテゴリーに仕分けたテーマに沿って、今日は書きますね。

      おそらく、この母との親子関係の問題って。誰もが。

      「そんなの、どこだってあるよ」
      「親だから、仕方ない」
      めいた、誰ぞからの発言で、自分がおかしいのかな?とか、考えすぎて悪く受け取っただけかな、とか

      自己否定をして、騙し騙しにって日々はあったと思います。げんに俺もそう。近年までは。

      うちの場合も例外なくだったんだけど、
      それでも、

      「譲歩」ってとらえながら、それとなく、ひいた線を越えてこられないように、無難にやろうと、、、


      しても、モラハラ母って、意味ないんだよねぇ。悲しいかな。
      相手は、子は自分の道具だと思ってるから、こちらの境界線関係なく、乗り越えてきます。

      てことは、早く、そのモラル外な行動である人間性を、認めたほうが、自分の幸せの道は早い。

      誰が何と言おうと、

      自分がもう、この親とはやってられない。とみなしたなら、それはもう、努力はしなくてよい。
      するだけ、無駄だから。

      親なのに!と、親からも親族からも、よくわかってない友人からも責められる事でしょう。
      嫌なもんです。さらに。でも、それらは、わかってない上に助けにもならないから、

      そんな人達の言葉なんて気にする必要もない。

      抜け出せずにいる人なら、早く、離れましょう。

      自立することで、自分の気持ちも新鮮になるし、人生も輝きを取り戻せる。

      後ろめたい気持ちもわかります。うちは母子家庭だったので、その足枷もあったから。
      けど、もうそれもいい。そう思う気持ち自体が、おかしなこと。

      誰のものでもない、自分の人生。自身を保つことで、健全にいられる事のほうが大事なのですから。
       
      | 自信をもつ自分の行い | 22:07 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:07 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        私はその逆で、自分の娘に対して縁をきりたいです。娘なのに・・・と、娘からも親族からも友達からも責められる。自分も罪悪感で優しくしてみる。でも、ダメですね。。。
        | ふくちゃん | 2014/12/06 7:27 AM |
        ■ふくちゃん

        こんばんは。逆!?ってのもあるんですね。
        同性どうしだと、遠慮がなくなってしまう分、親離れができていないと、幼少期のような願望をずっと母親に思ってしまうものなのでしょうかね。娘さんがおいくつか存じ上げませんが、大人年齢なら、離れても大丈夫ですよ。

        友人、親族から「母親なのに」というふうに責められてるのでしょうか? 母親だからこそ、と自分の罪悪感を少なくしてみてください。いいように存在するのが家族ではありませんし。

        互いの個を尊重しあえるのが家族でして、それがあるから支え合えると思うんですよね。うちもそういうのがなくて、「役割」を求められても、それは家族としての尊重じゃないような気がするんです。

        背景が詳しくみえないため、なんとも難しいですけど、
        ふくちゃん、という個性を殺してくる親族や、友人は縁切りで全然OKです。

        僕の子供の頃からの座右の銘で、世間(親族や近所)は文句を言ってきても、助けてはくれない人。

        また、長い付き合いだからといって、痛いところもわかりあうのが友達っていう人もいますけど、これは逆だと思ってます。

        友人の痛さ辛さを、攻める側にまわる人ほど、思いやりがないと思うので。そういうのは友達じゃありません。

        皆それぞれ、何かしら抱えて生きてるのだから、友人にしろ、家族にしろ、親族にしろ、思いやりがない人は見知らぬ人にしていいですよ。そういう人達の言葉に傷ついて、罪悪感もたされても、その人達ってなにもしてくれないし。

        後、多勢に無勢っていう卑怯なのも好きじゃないです。親族ってよってたかって、、、て図式ありますよね。

        しんどくなったら、また、ぜひ!きてくださいね。
        お互い、自分の人生を邁進して輝きましょう♪。そういう同志がきてくれて、嬉しいですよ。ふくちゃん。ありがとうね。
        | ほP | 2014/12/08 10:56 PM |
        コメントする