脱!モラルハラスメント母

母を捨てないと明るい未来はない
〜モラハラ母により縛られた人生からの旅立ちを〜
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 呪いの手紙 2014.10.29 | main | ありの〜ままの〜♪ ありの〜ままで〜 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    わざわざ送ってくる物”塒廚癖を送りつけて、必要な物を壊す
    0

      送られて困る物なんですけどね。ちょうどお話しにも出てきたので、多々ある中から今日は1つ。

      当時、
      東京出てきてすぐかな。親戚宅に居候時だったころ。
      居候にしろ、一人暮らしにしろ、スペースがないのは当然。

      また、家から出る前に、事前に必要な物、と不要な物。家に置いておく物など。

      要る物だけを箱詰めにしてきたんですが。
      1か月もしないうちに、、、、、段ボール箱が3箱。届き。

      ???

      せっかく無駄を省き、シンプルに要るものだけを選んで、持ってきたというのに。
      不要な服の段ボールが3箱。。。。根こそぎ全部の服や靴。
      当時は、まだ、帰省する機会が今よりも、頑張って作っていたので、
      実家に自分の服がない。という始末だった。
      こんなことなら、全部捨てれば良かったと後悔。

      送り主は母。
      つーか、要らない物をなんでわざわざ送ってきたのか?と言うと。

      母「貧乏やから、ないよりはマシやろ?あんたの服いっぱいあったから、
      新しいの買うより、あるもん使ったらええやん。」


      て。17年前くらいか。悪びれもせず。
      答えになってない返し。

      そういう事じゃないし。
      今思えば、もってきたのは「自分で買った服」
      母が送ってきたのは「母が買ってくれた服」で。

      そもそも、自由に服が買えるようになったのは大学生から。
      なので、当時は少数なりとも、必要な物だけでスペースがあったのに、
      ここから、不要な物送り付けてくるのは開始だった。

      そして、いらん物送ってこんでええのに。って放った言葉の
      恨みを2,3年毎度言われてたな。

      モラハラ母は自分の気持ちを最大優先。

      良いことしてるっていう自分の気持ちや行動を、立証するため。
      こちらの都合や配分、気持ちなんて除外しての。
      | 母の言動行動記録 | 19:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:59 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする