脱!モラルハラスメント母

母を捨てないと明るい未来はない
〜モラハラ母により縛られた人生からの旅立ちを〜
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ありの〜ままの〜♪ ありの〜ままで〜 | main | どのみち・このみち >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    代理ミュンヒハウゼン症候群の母である
    0

      ある時から、んー、そうだなぁ。いつだろう。もう、小学校高学年くらいからは、母の異常さは感じていたんだけど。
      如実には具体化したのは、妹が統合失調症を併発した14年前くらいか。

      その後の母の行動が。 
      いかにも娘を思って病院を奔走し、色々説明会にも行き、発言し、正義者かつ、娘を思う愛情深いお母さん。。。。
      てな、感じで奮起と行動力と憤り(はこっちにむけられるんだけど)だった。

      実情は、国政や市政の批判であったり、

      母:親亡き後のこの子らの将来が(涙)涙、、、、と。誰しにも訴えておった。

      が。実情。家では娘を支配するごとく。あれしこ、これしろ。あれはあかん(やってもないのに)、これはあかん。
      等々。口うるさい。これが正しい話ならともかく。

      また、お金の問題。学費という脅迫を何年も妹もしてこられてたし、ともに家にいると「働きに行け」と精神圧迫をうけていた。

      というのも、離れてくらしていても、娘の悪口をさんさん、俺にしてきてたから母の本心はよめてた。

      母:表向き:時間がかかっても仕方ない。あの子がヤル気だすまでは〜
        元気だと、デイケア経由のちょっとした時間のアルバイトなんかあるで〜。って誘い水。。。。
        (行きたくなくても、母の推進って、「行け、やれ」って指示に等しい。
        行かないと伝えると、そのあとは、嫌味と文句と、いいふらしを毎日毎日きかされるはめになる。
        いやいやでも、行くという。
        でも、続かない。もともとヤル気だしていくわけじゃないし。応用きかないから、それ求められる労働になると。
        落ち込む。行かなくなる。辞める。。。。ていうパターン。


      母は励ましてるつもり、と自称。
       ではあるが、けっこうわかったこといって、自分の言うとおりに動く娘を喜び。その報告がこちらにきたりしてたが。
       そのうち、、、、、行かなくなる。落ち込んだうえに精神圧迫の毎日開始。で、外では母一人で子煩悩は善人アピール。
       
      結局、世間にみせる自身の姿が大事で、そのための素材道具。が、子供。
      ある日、母がショックを受けたという言葉に

      母:○○ちゃんがな!あたしに、「私はお母さんの奴隷じゃない!!!!」て言ってきて。
        なにいうてんねん、あたしがあんたどれだけの愛情そそいでると思ってんの!って怒り飛ばしてやった。
        と、????応答ズレてるわ、怒り飛ばしてやった?はぁ?っていう余計悪くなる行動をしていてね


      で、2,3年前に。あなたは娘にいいことしてるつもりなのは、自身のためであって。
      全行動は、娘に身になって考えてない、気持ちをわかってないから、逆効果なんだよ。
      そういう〜しなければならない、っていう定義を統合失調症の人に押し付けてはダメなんだよ。
      そういうのを代理ミュンヒハウゼン病っていって、自分で子供をダメにしては、子供保護に奔走してるお母さんってのを演じてる病気だから、やめなさい。と、注意したところ。

      母:ハンセン病の人がこないだ旅行の時におってな。
        あたし近寄れへんかってん。なんか物売ってはったんやけど。他の人には言われんかったけどや、
        ああいう人のニキにはよらんほうがええで!あんたも、きつけや!


      って・・・・・答えもおかしいし、ハンセン病は感染しないし、昔のその間違った情報がってニュースでもなってたのに。       ちょっとなんて失礼な事を言ってんの、この人。よく知りもしないで、思い込みで風評するから、よけい。。。あぁ、すみません、うちの親最悪や。

      という始末で、問題定義>原因>解決も説明しても。
      スルー。勘違いのふりして別の話こじ入れて、「私は悪くない」と暗黙ですり替える。

      ま、このパターン多いんだけどね。モラハラ母って。

      昨年からの事件騒動も。さんざん。娘から肉体的DV受けていて、我慢ならんから入院させて、暇になったから退院させて。
      そんで、また手元に戻すと、生活の侵略と心の侵略。ダブルバインドでの支配をどんどんの精神的DVをする。
      我慢ならないのは妹で、これがまた、肉体的暴挙に出る。という1年おきのパターン。

      必死に娘を思う母として、講演会にも出席、発言(自慢げに話してきたわ)、あの子らの将来を。。。と。涙しながら。

      ・・・・いつも思い込みの観念をおしつけて、追い込んでるのは母自身なのに。・・・・

      あきらかに、掲題のような人。はむかう者は口撃で説き伏せる。

      前の前の病院で「お母さんが亡くなられたら、娘さんは元気になられると思います」
      んだな。って納得の言葉だったんだけど、、、

      母:憤慨。あたしが死んでからじゃ遅い!生きてるうちに治してやらな!何かんがえとんねん!あの病院の先生は!

      と、こちらにあたってきた2年前。でも、他の病院でもそういわれた事はあるんだよ。
      つまり、認めてないけど、家庭不協和音による原因なんだろうな。と。先生たちは。
      そこに目を向けないのは母。自分が善人と褒めたたえられるはずなのに、嫌な事を言ってくる人がいるなんて!
      その激怒りの電話って、かかってきたら3−4時間は同じ話をヒステリックに聞かされてたんだよねぇ。電話で。
      ま、愚痴なんだろうけど。愚痴きいてもらって〜っていうニュアンスじゃなくて、なぜか。

      社会の事をあたしがあんたに、聞かせてやってるんやで!

      って風情なんだわ。
       
      | 母の言動行動記録 | 01:08 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 01:08 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする