脱!モラルハラスメント母

母を捨てないと明るい未来はない
〜モラハラ母により縛られた人生からの旅立ちを〜
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 明けましておめでとうございます2015年。 | main | 家畜として育てられて >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    呪いの年賀状 2015.01.01
    0
      普通は、離れてくらしてたら親子でも年賀状って、、、
      送ってくるもんなの???か。

      他の家庭でも、それは普通にみられるところから。
      ま、仕方ないとして。

      返事って書いてます????

      僕は、今まで一度も返事は書いたことはない。
      これまでは、まぁ、結局電話しなきゃいけないような話をもってこられて
      電話してたから、もうええか、と。

      さて、2014年には「縁切り」を言ってきたので、
      こちらもそれを貫徹してるわけなんだけど。

      とはいえ、年賀状くらい、生きてるよっていう意味で返事だしてもいいかな。
      と、葛藤してた年始。。。。。。。

      しかし、その甘さがいつもの、、、、後悔につながる懺悔に。
      なるのも、見えてたので、やっぱり、返事は出さない事に決めた。

      年賀状においても相変わらず命令系wの言葉が書かれていて。

      母:健康に注意して生活しなさい

      でした。
      なんなん?????

      それが親というものだから、としても。
      既に受け入れ態勢ないのだから、いいかげん、なんか言い方変えれば?って思うんだけど。

      母は自分は悪くない、と思っていて
      自己愛の塊だから、変える事も変わる事もない、な。今後も。
      まぁ、そんな期待はするだけ無駄なので。

      音信不通。がすべて。
      罪悪感も消去。これでいい。それでいい。
      | 母の言動行動記録 | 20:57 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 20:57 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        年賀状の起源を調べると、
        お正月に会えない人へ書面を送ったことらしいです。
        ということで、お正月に直接会わないのなら、
        親子間でも年賀状はありなのだと思ったりもします。

        >母:健康に注意して生活しなさい

        ここだけ読むと、ただの普通の一文だけど、
        過去の経緯などを少しでも知ってる人には、
        お母様は何も考えていないのだということが伝わります。
        そう、思うのなら、子供の心が病むようなこと、
        しなきゃいいのに。
        | りみ | 2015/03/03 9:21 AM |
        りみさん。こんばんは。
        遅くなりましたw コメントありがとう。
        年賀状。そうなんですね。まぁ、会わない人こそ、の年賀状。
        確かに、一年に一度くらいは、頻繁じゃない人へのSNSツール。のような。

        でも、ほっとしました。ありがとう。
        これまでは、年賀状あるないにかかわらず、なんだか連絡を取らなきゃいけない日もしくは、帰省しなきゃいけない日って重たいものがあったので、もはや、なくていいのだ、と思うとすっきり。

        部分的にみると、善意の母なんですが、(それに騙されてた周りも???)
        全部、そう見せる演技だから、難点で、それがみえみえだったり、結局、自分がどうみられるか、が最優先の母だったので、
        執着しコントロールしたい息子や、何もわかってなくてコントロールしたい娘の心がどうであれ、

        母:わたしによきにはからえ

        でしかないんだと。
        | ほP | 2015/03/22 10:42 PM |
        コメントする