脱!モラルハラスメント母

母を捨てないと明るい未来はない
〜モラハラ母により縛られた人生からの旅立ちを〜
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 呪いの年賀状 2015.01.01 | main | 8か月ぶりのお久しぶりです >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    家畜として育てられて
    0
      JUGEMテーマ:モラルハラスメント

      休日ともなると、あちこちで小さい子を抱えた若夫婦とかに遭遇する事はよくあること。
      ま、それはそれでいいんだけど。

      これまで、10歳くらいから

      母:あんたが結婚したら〜、お母さんはおとなしくしとくからな!

      と、意味不明な脅迫から。

      20代にもなると

      母:あんたも24歳くらいになったら結婚して、26歳くらいには子供ができて〜
      二人か3人くらい子供できるやろう。
      と、勝手に妄想。

      そこには確実に同居っていうシナリオが組まれていたのと、
      小学生の頃から結婚しろ、って言われてきたので、結婚する気なんてなかったり。

      そして、
      30代にもなると

      母:結婚しぃや!

      あんた、私がおるから、結婚せんのやろ?

      あんたは父の姿を見てないから、こわいんやろ?父親になるのが!

      はよ結婚せな、子種が死んでまうんやで!

      他の人はもう、とうに結婚して子育て始めてはるのに、あんたは出遅れててる!!!!


      など。人生設計は母が決めるものではないのに、勝手に。決めつけて怒っていた。

      30代は、色々、余裕ができたので家族孝行をしていたにもかかわらず、これだった。
      帰省の度、友達に会い、帰宅すると

      母:○○くんとかは、もう結婚してはるんやろ?!

      と、結婚してても、してなくても、母には関係ないんだけど。
      ○○くんが所帯持ちでない場合は、ふ〜ん。で終わるところ。
      ○○くんが所帯持ちであった場合は、憤慨する母であった。
      その背景には、自分の思い通りに生きてない事への憤りと、他者への敗北感を感じていたんだろうと思う。

      ・・・思えば、高校生や大学生になると、友人の出身校と俺の学校の偏差値を比べては。
      勝ったら>優しい母
      負けたら>怒る母

      であった。小学生の頃だと、これは、文字のきれいさ、が基準だったなw

      話し戻して、
      いや、だから、子供の頃から言ってるけど、
      結婚もしないし、子供もいらないし。もはや絶やすべき家系だし。
      自分にとって結婚は幸せではないから。と、言ってきたんだけど。

      母:変な子!!!!!
      と罵倒する感じで。帰省終了日にも、必ず結婚しろ、って言ってくる始末。

      この頃になると、妹の母への暴力もあったりで。母がかわいそうな気配が濃厚になると。

      母:他の皆は、みーんな孫がいる世代やのに、私は男女産み分けたのに
      あんたらは、結婚もせん!子供ももたへん!皆は孫がいるのに、私にはいない!!


      と泣き怒り。

      あんたらは、私の夢をぜーーーーんぶ!壊してまいよったんやで!!!!

      あんたら、なんか生まへんかったらよかったわ!

      (これについては、兄妹そろって、こっちだって生まれてこなければよかったわ。と。妹はよく、それを言い返して、母娘共に傷つけあってた)

      と絶叫していたな。

      そして、40代。
      病院から妹から留守電を入れさせてまで、お兄ちゃんに結婚せぇ言え!!と命令していた母であった。


      と。まぁどこの家でも親世代の望みといっちゃ、そうなんだけど。
      望みや願望であり、人生の選択は母がするものではない。
      ましてや、他のだれだれが持ってるのに、私はもってない!って憤慨する稚拙さ。

      我が子の幸せを願わない母。がここにいた。のである。

      さんざん、罵倒と脅迫と洗脳をしてきて、操り人形のように平気で言ってきやがって。
      そう、自分は道具なんだな、とは思っていたのだけど、それ以下。

      家畜同様の存在であった。

      餌を与えるように、正月は数の子を食え!と食わされて。
      余談だけど、磯臭さが嫌いなのと、その由縁が嫌いで、食べないと。。。。憤慨され。
      同じように貝類も嫌いなので食べないと、

      母:あんたは、死んだあんたのお父さんと一緒やな!!!
      あの人も貝、よぉ食べれんかったわ!!!
      高かったんやから、食べっ!


      憤慨と命令に嫌気がさして、食事まるごと食べなかったなw
      そんなこんなで、いまだに、気分が落ちてるときって、飯くえないんだよなー。
      ま、いいけど。


      さらに、操作術がうまい母は、親族をまきこんで、自分の意を遂行させようとするので、
      叔父や叔母からも、うんざりするほど、同じ話をされ。

      ・母のための人生
      としての道具でしかない自分の人生だった。子供の頃は親族だけじゃなくて
      学校の先生まで、そうだったな。


      結論:結婚しても別に親に報告はしないし。って答えてびっくりされてw
      親族なんて、自分たちの暇つぶしの楽しみのために、結婚しろっていうくらいだからなw
      真相は、母を喜ばせろっていう意が含まれてて、あけすけすぎて、アホすぎて話しにならんな。

      なもんで、親族も切り捨てるはめとなり。
      味方してくれる大人なんて、小さいころからも今も、誰もいないw

      その分、自分が大人になること。
      大人の友達を見つけたこと。嬉しいね。当時は皆子供や若かったけど。
      今では、自分も友人も年齢性別関係なく、大人になってるので話がわかる人がいてくれるというありがたさ。


      さて、
      今年も、もう2月になりましたね。
      意味不明に思い出される事柄も、時間が経過すると忘れる事ができるもの。。

      。。。。と、言われつつも。それが遠いような気がして。。。。
      とりあえず、今を大事にしようと心がけてます。

      春が近づいてきましたね。
      新鮮な気持ちが沸き起こる。今を生きる、こと。
      なにより、今はもう、昔と違う。実家から脱出できた事をかみしめて。
      何年かかけて準備して、家を出た事は素晴らしい。よくやった!自分wと思う。

      呼ぶHappinessを。Call My Luck♪

       
      | 母の言動行動記録 | 12:34 | comments(4) | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:34 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        結婚して、子供ができて、
        親と同じことをする恐怖を
        私は、ずっと持っていました。
        今は、それ、間違ってたと思います。

        自分が親と同じなら、
        目の前に笑いあってる友人はいないはずです。
        少なくとも、自分には、年齢性別関係なく笑いあえる人たちがいる。
        これが、親と違う人間だという証拠。

        親にされたことは、頭から消えないけれど、
        時間をかけて消化して、
        違う物体にはなってきたような気がします。
        | りみ | 2015/03/03 9:36 AM |
        りみさん。

        WOW。すっごい、力強い言葉ありがとうございます。
        いい意味で、縛られていた心を離せることと、

        今。

        を大事に。そして、出逢った友達は、自身。
        確かに。

        DNAにも縛られない。←新発見ですよ。
        そっかー。そうだよなー。反面教師でよかった部分を伸ばさなきゃってのもあるし。
        親とは違う、人間なんだ、と強く明確に思う事。


        笑いあえる人がいる事。を吟味する大事さ。
        みんな、色々あるし、人類大勢いる中で巡り合った人っていうのは、かなりの確率の低さの中で、仲良く建設的な友好関係を築くことができるのは、奇跡。ですよね。

        そういうところに視点を置いて、前進へと。

        消そうとするともがいていたけど、消えないならそれなりに、で対処消化で、新しい心地をもつことが、違う物体になれた、と実感できそう。
        ほんと、ありがとう!ございます。
        | ほP | 2015/03/22 10:57 PM |
        ご無沙汰しています。ちょくちょくお邪魔してるのですが、お元気ですか?またお邪魔します。失礼しました。
        | りー | 2015/05/24 7:12 AM |
        りーさん。

        コメント下さってたのに、すみません。遅れまして。
        ありがとうございます。
        りーさんもお元気でした?

        少しの充電期間を得て、また、邁進しますのでよろしくお願いします。
        | ほP | 2015/10/12 3:44 PM |
        コメントする