脱!モラルハラスメント母

母を捨てないと明るい未来はない
〜モラハラ母により縛られた人生からの旅立ちを〜
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 8か月ぶりのお久しぶりです | main |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    塔の上のラプンツェルとモラハラ母
    0

      作品自体のレビューはこちら

      2011.4.13に書いていたんだけど、
      当時はモラハラ母っていう言葉も知らなくて、また、

      できる限りの孝行をした結果、「ハワイにつれていけ」という指令が出てきて
      萎えてた頃。もちろんお断りの経緯の中、やはり、当時のレビューで見てても、
      自分の着眼点は、継母の悪女っぷり、だった。わけで。

      掲題についての作品から見る、マザーゴーテルのモラハラ母っぷりに。

      唖然。

      結局は自分のためなのに
      〜おまえのためだ
      〜私は知ってる
      〜他者よりも私を信じろ
      〜私の言うことだけをきいてればいい
      〜○○年間育ててやったのに


      などなど。まぁ、全部が全部、うちの母wと同じ。
      モラハラ母ならではの台詞のオンパレード。そして、行動が!
      子の幸せを妨害してでも、自分の私利私欲のために操作、支配しようとするところ。での見事な悪。母=悪。が展開されていく。

      ・・・
      さてはて、物語は、悪に打ち勝ち、

      ●新たな、自分の道を切り開いたラプンツェル
      は、うまくハッピーエンドとなります。

      途中の葛藤も乗り越えてハッピーエンド。
      アナと雪の女王の作品にも、最後ちらっと出演するほど。

      エンターテイメントだけでなく、社会的メッセージwを体現した作品と言えるでしょう。
      いったい、なぜ、諸悪がこういうキャラのマザー!♪になったかはわからないけど。

      結論、この作品でも、モラハラ母との決別があるからこそ、自らの幸せの道を歩めた事にかわりない。

      あの綺麗なランタンが空に舞っていくシーン。
      決別こそが自身の解放への道。改めて気づき、この作品を観ると親近感がより湧き、励みにもなる。

      観てない方は、ちょっと機会があったら観てください。
      | 明るい未来への手段 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:02 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://harassmother.jugem.jp/trackback/44
        トラックバック